トップページ > プライムストア > ネットワーク機器> WLX202

WLX202

IEEE 802.11ac準拠
エンタープライズ向け無線LANアクセスポイントエントリーモデル

メーカー名:ヤマハ


標準価格:39,800円(税抜)

販売価格:お問い合わせ下さい

  • 商品説明
  • システムインテグレーション

無線LAN技術

デュアルバンド対応
5GHz帯
(IEEE802.11a/n/ac)
デュアルバンド対応
2.4GHz帯
(IEEE802.11b/g/n)
最大伝送速度
866M bit/s
アクセス方式
インフラストラクチャー
モード
アクセス方式
WDSモード
接続端末数
5GHz帯:最大50台
2.4GHz帯:最大50台

無線セキュリティー機能

暗号化方式
CCMP(AES)
暗号化方式
TKIP
暗号化方式
WEP(64bit/128bit)
認証方式
PSK
認証方式
WPA/WPA2パーソナル
認証方式
WPA/WPA2
エンタープライズ
認証方式
MACアドレス認証
マルチSSID
5GHz帯:8個
2.4GHz帯:8個

特長

エンタープライズ利用に求められる機能・性能

無線LAN技術

IEEE 802.11acに準拠し、同規格に対応した無線LAN端末と高速なデータ通信(最大伝送速度866Mbps)が可能です。

動作環境条件

動作環境条件温度として最大50℃まで対応しました。

多数台接続時の安定運用

様々な無線LAN端末が、多数接続されるケースが多いエンタープライズ環境で、安定した運用が可能です。また、5GHz帯と2.4GHz帯を同時に使用することができます。接続端末台数は、2.4GHz帯、5GHz帯それぞれ50台、合計100台の端末を接続することが可能です。

認証方式や暗号化方式

各種認証方式や暗号化方式に対応しています。

RADIUSサーバー対応

簡易型のRADIUSサーバーを搭載しており、最大200件の無線端末をWPA/WPA2エンタープライズ認証(EAP-PEAPのみ、MACアドレス/接続SSID制限対応)が可能です。また、外部RADIUSサーバーにも対応し、IEEE 802.1Xで定義される各種のEAP認証方式が利用可能です。

マルチSSID

SSIDは、各周波数帯で各8個、合計16個が利用可能です。SSID毎に認証方式、暗号化方式、IEEE 802.1QのタグVLANとの関連付けが設定でき、それぞれに別々のMACアドレスが割り当てられます。

厳選した管理機能

コマンドラインインターフェースを廃し、すべての設定をGUIで行います。業界標準のネットワーク管理プロトコルであるSNMPに対応しつつ、中小規模の有線LAN/無線LANの構築、運用、管理、トラブルシューティングの効率向上によりダウンタイムを最小限にする為、ヤマハ独自の無線LANのコントローラーと「LANマップ」に対応したL2MSスレーブを搭載しています。

無線LANコントローラー

コントローラーとして設定した『WLX202』を含めた最大16台の『WLX202』を一つのグループとして設定・管理することができます。最大16台のうち1台をコントローラーAP、最大15台をメンバーAPに指定します。

L2MSスレーブ

L2MSスレーブ機能を搭載しました。L2MSコントローラーを搭載する「RTX1210」のLANマップから、有線LAN/無線LANの配線状態や端末状態の把握や監視が可能です。
※L2MS(Layer 2 Management Service)は、ヤマハ独自のLAN製品の連携機能で、L2MSコントローラーからL2MSスレーブの状態把握や設定などを可能にします。

設置環境に馴染むデザイン

筐体は、電波を発信/受信する気象用ドップラー・レーダーをモチーフに「白い多角形で構成された多面体」でコンパクト感を演出しました。また、オフィスや商空間・商業施設での壁面や天井の設置を想定しインテリア性を重視し、アンテナを内蔵、存在感を抑え、薄くフラットに仕上げました。ケーブルカバーを兼ねた筐体により、壁や天井に設置後、LANケーブルなどの配線周りの見栄えも配慮しました。

壁掛け設置のイメージ 天井設置のイメージ
ケーブルカバー部分

外観

側面