トップページ > プライムストア > ソフトウェア> 電子カルテ『PCA HyMarks Clinic』

電子カルテ『PCA HyMarks Clinic』

ハイブリッド型のためレスポンスの低下を招くことなく、何年たっても快適にお使いいただけます。

メーカー名:PCA株式会社


標準価格:オープン価格

販売価格:お問い合わせ下さい

  • 商品説明
  • システムインテグレーション

ハイブリッド型電子カルテでいつまでも快適なカルテ参照

長年の運用で蓄積された膨大なデータは、レスポンスの低下を招きます。

診療中に呼び出したいデータがなかなか出てこないといった状況は、サービスの低下を招く原因ともなります。

『PCA HyMarks Clinic』はハイブリッド型のため、レスポンスの低下を招くことなく、何年たっても快適にお使いいただけます。

ハイブリッド型カルテとは

現在使用中のカルテデータベースと別に過去のカルテデータや問診票・同意書などの書類をPDFファイルとして管理することでデータベースのデータ量を一定に保つシステムです。

製品の主な機能

全員参加型電子カルテ

『PCA HyMarks Clinic』のSOAP入力は、単なる診療記録ではなく『患者様の全てをカンタンに把握することができる記録』とすることで、利用価値を最大限に引き出すことを目的としています。

医師をはじめ、患者様にかかわる全てのスタッフが参加し、記録・参照することができるようにすることで、患者様ひとりひとりへのきめの細かいケアを実現します。

医師
通常の診療内容を記載

看護師
患者様の経過について記載

コメディカル
報告内容の気になることを記載

電子カルテとのシームレスな連動で、レセプトオンラインもラクラク

『PCA HyMarks Clinic』では、電子カルテシステムと医事会計システムをシームレスに連動できますので、窓口会計入力の手間がかかりません。

また、電子カルテデータをもとにレセプト請求データへの自動変換・自動算定を行いますので、窓口請求及びレセプト請求(オンライン)の作業が大幅に軽減します。

正確性とスピードを重視

当日のオーダーデータと取り込み後のデータが表示される為、オーダー内容を確認しながら窓口会計入力ができます。また、病歴データや指導料の内容の参照機能をご用意しておりますので、レセプト請求漏れの防止にお役立ていただけます。

処方チェックオプション

医師が処方オーダーをする際に「相互作用・併用禁忌」と「最大用量」のチェックを行います。

「薬と薬」の組み合わせが悪い場合や、最大用量が不適切の場合に処方チェックレポートにて、警告メッセージを出します。

他の医療機関から処方された薬剤とのチェックも可能です。

『PCA HyMarks Clinic』と連携するオプションプログラムです。

ページの先頭へ

診察

受付

受付での登録内容を一覧で表示します。患者様を呼び出す前に確認しておきたい情報も一画面で見ることができます。

受付状況検索機能
受付状況の条件検索が可能です。

プロブレム情報
カルテを展開することなく登録済みのプロブレムを表示します。

病名情報
カルテを展開することなく登録済みの病名を表示します。

感染・禁忌情報
カルテを展開することなく登録済みの感染・禁忌情報を表示します。

SOAP入力

テンプレート(定型テンプレートからの選択入力)

定型テンプレートから選択しての入力が可能です。SOAP入力を選択式のカンタン操作で短時間に入力するための補助ツールです。また、図記載ツールでは、シェーマ上に図を自由に書き込みカルテに貼り付けることができます。


テンプレート(フリー文書からの選択入力)

入力する人が自由にその場で登録できるスタンプツールです。長い文書の入力だけでなく、登録後の表示順序も自由に変更可能です。反映先もあらかじめ指定しておくことができるのでよく記載するような内容をまとめて記録しておく事で、煩わしさの解消と入力時間短縮をめざすツールです。

病名入力

使いやすい画面でカンタンにカルテを作成できます。

カルテ作成の負担を軽減し、診療業務をサポートします。

病名入力
標準傷病名での病名入力がカンタンに入力できます。

1:頻用病名リスト
よく使用される病名は使用頻度の高い順に自動で並び替えて表示します。表示したくない病名を非表示にすることもできます。

2:カンタン検索
Web検索と同様に操作できカンタンに候補が表示されます。

3:自動病名転記機能
登録時点であらかじめ判断可能な「レセ病名」・「疑い病名」は自動で転記されますので、レセプト時期の点検作業では作業時間を短縮できます。

オーダリング

オーダー内容をボタンにしてパターン化できます。さまざまなボタンを自由に配置することで、カンタンで正確なオーダーを実現します。過去のオーダー履歴からのDO入力も簡単です。

予約入力

予約の必要な検査はオーダー時に自動で予約の必要性を通知し、予約を取ることができます。

書類作成ツール

オーダー内容や検査結果等のデータを書類に転送することができます。診療情報提供書や紹介状がカンタンに作成できます。

ページの先頭へ

入力支援ツール

カルテビュー画面

入力者ごとに初期画面をカルテ入力画面かカルテビュー画面に設定できます。医師はカルテ入力画面を初期設定とすることで余計な画面切替の手間を省きすぐに入力ができます。またカルテ参照が業務の中心となるスタッフは必要情報をまとめて参照できるカルテビュー画面が便利です。カルテビュー画面はスタッフにあわせレイアウトの変更が可能です。


カルテ入力モード

カルテの入力を最優先に設計された入力専用モードです。SOAPデータの中に必要な情報を挿入し簡易表示することで、治療の経過・経緯をより迅速に把握できます。入力に必要な様々な入力支援ツールが準備されています。


カルテビューモード

患者様ごとの全体像の把握を目的とした参照専用モードです。

入力モードよりもより多くの情報を一画面上に集約する事で、細部にまで心配りいただけるように...という主旨で作成されたツールです。医師や看護師といった職種の違いにも対応いただけるように個々の画面パーツやレイアウトは入力者ごとに自由に変更できます。

ページの先頭へ